カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

発芽玄米と胚芽米のベストマッチ ! あいがもブレンド米「えがお」【10kg】

発芽玄米と胚芽米をベストなバランスでブレンド。そのまま洗って炊くだけの手軽さが人気です。

せっかく流清のような良いお米を食べているのに、流清を混ぜるお米が農薬を使った普通のお米ではもったいない。流清を混ぜて食べるのにいいお米を知っていれば紹介してください。」
発芽玄米「あいがも流清」と「あいがも胚芽米」を最適な割合でブレンドした、あいがもブレンド米「えがお」は、発芽玄米「あいがも流清」ご愛用のお客様のご要望から生まれた商品です。
私たちも初め、混ぜて食べるということに考えが及ばなかったのですが、言われてみれば確かに流清だけを食べるよりもさらにやわらかく口当たりが良いでしょうし、1食当たりの費用も安くて済みます

早速、流清を混ぜる相手のお米を探しました。 しかし、あいがも米のように、農薬や化学肥料を使わずに育てているお米は、見つけ出せませんでした。当然と言えば当然です。あいがも米でさえ、出会うのにあれだけ苦労したのですから..

どうしようかと考えているときに、当時「発芽玄米以外で製品化できないか」と考え頼んでいた、あいがも米を使った胚芽米(大体四分搗き程度です)が出来てきました。 元々は単独での製品化を考えて作ってみた胚芽米でしたが、「これを使ってみよう」と思い、混ぜてみたらたいへんおいしかったので、ご要望を下さったお客様にもご紹介したところ「私としては、流清だけを炊いて食べるよりこちらのほうが食べやすいです。」とのことでしたので、早速これに「えがお」と名づけ販売を開始したところ、直後にやって来たお中元の時期に、約1ヶ月で70セット(贈答用化粧箱入)近く売れるという大人気商品となりました。当店のようなほとんど家族だけでやっているようなお店にとって短期間にこれだけ売れるというのはちょっとした事件でした。 その後もこの「えがお」はコンスタントに売れ、「あいがも流清」と並んで当店の主力製品となったのです。

※当店のあいがも米の品種は「ひのひかり」です。

発芽玄米と胚芽米のベストマッチ ! あいがもブレンド米「えがお」【10kg】

当店通常価格:
10,800円(税込)
価格:

10,800円 (税込)

[ポイント還元 324ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

当ページの写真のパッケージは1kg入りのものです。10kgは2.5kg入りパッケージ4つとなります。

【発芽玄米「あいがも流清」とはどんなお米?】
お米自身にほんのりとした甘みがあり、普通の炊飯器だけでふっくらと炊ける「あいがも流清」は発芽玄米ファンの方々から一度食べたら他の発芽玄米には変えられない(東村山市/H.M様)」、「発芽玄米と名乗る商品はたくさんあるが、これこそホンモノの発芽玄米(宮崎市/S.Y様)」など、多くのお褒めの言葉をいただいております。
お米の本場、宮城県や新潟県にも繰り返しご購入になられる方がいる
ほどです。
たいへん手間ひまのかかる製法ですので大量生産はできませんが、安全性と味には絶対の自信があります。
ぜひ一度、普通の炊飯器で炊く「あいがも流清」をご賞味ください。

「海と大地の健康物語(http://www.umitodaichi.com/)」さんのサイトに発芽玄米「あいがも流清」を使った面白い実験をされたページがあります。
海と大地の健康物語

発芽玄米「あいがも流清」の開発ポリシー
  • 毎日食べるものだから、農薬・化学肥料は一切使わない
  • 生きているお米にしたいから、仕上げは天日乾燥で。
  • 手間ひまがかかっても、最後まで手作り
発芽玄米「あいがも流清」の特徴
  • 白米同様に普通の炊飯器で炊くことができます(圧力鍋不要)。
  • 原料は、農薬、化学肥料を使わずあいがも農法で収穫した「あいがも米」のみです。
  • 特に清水を必要とされる焼酎作りにも使われる「尾鈴山系の天然水」をろ過してそのまま利用しています。
  • 「天日で乾燥」し、水分15%前後に保っています。
  • 通常の発芽玄米に比べ、味も口当たりも優れていると評判です。
  • 栄養価を保ち、早く発芽する特殊な方法で発芽させています。
  • 常温にて保存できます。(品質保持期限180日)。
炊き方も簡単
【例/3カップの米を炊く場合】
  • 白米(または胚芽米)2カップと発芽玄米「あいがも流清」1カップを混ぜる。「あいがも流清」のみでも良い。
  • 浮いてくる籾などを取り除きながら、普通に洗う。
  • 普通に水加減をする。(漬け置きしても良い)
  • 普通に炊く。
  • ふっくらと炊き上がります。あとは良くほぐし良く噛んでお召し上がりください。
※ご飯のやわらかさは普通のお米と同様、水加減で調節します。あなた好みの水加減を見つけてください。

発芽玄米とは? - 栄養価に優れたお米の「スプラウト」

植物は新芽が芽吹いたときに最も強い成長力を持ち、芽に含まれるビタミンやミネラルが最大値になります。
今注目されている「スプラウト(新芽野菜)」は、植物のこの特性を利用して、最も栄養価が高く栄養の吸収されやすい時期に食べようとするもので、モヤシやかいわれに始まり、クレス、ひまわり、マスタード、ブロッコリー、小麦、その他の豆類など「スプラウト」の種類は多岐にわたります。今では、スーパー等でも多くの品種が導入され、身近な存在になってきました。

発芽玄米とは0.5〜1ミリ程度発芽した状態の栄養価に優れた玄米です。
発芽玄米は、お米の「スプラウト」
と呼べるでしょう。

ギャバ含有量が白米等に比べ格段に多い

近年、様々な食品にも応用され話題となっているギャバ(GABA/ガンマーアミノ酪酸)は、アミノ酸の一種で、人間の脳、特に黒質、大脳基底核、視床下部、小脳核、脊椎後核などに高濃度に含まれます。ギャバには脳内の血流を活発にして脳への酸素供給を増加させ、脳細胞の代謝機能を高める働きがあります。
ギャバは体内では睡眠中に良く作られるので、現代人が陥りやすい睡眠不足はギャバ不足につながりやすく、ギャバが不足するとイライラしやすくなったり、身体の不調が起こりやすくなったりすると言われます。

おかずもいらない? 発芽直後の玄米はこのギャバの含有量がたいへん多く、発芽前の玄米の3倍・白米の5倍以上にも達します。
一説には白米の10倍に達するとも言われます。

発芽玄米を毎日の食事に取り入れることで、手軽にギャバを摂取できるのです。
発芽玄米を食べることは最近になって始まったことではありませんが、何かと神経を使い、ストレスにさらされやすい現代人にこそ求められる食習慣ではないでしょうか。

発芽させることによって、ギャバ以外にもフィチン酸をはじめとする身体に有用な様々な成分が、体内に吸収されやすい状態になります。
発芽玄米を食べてスッキリ頭でお仕事、勉強に励み、毎日をハツラツと過ごしましょう。

農薬、化学肥料を一切使わずに育てたお米を、おいしく食べやすい発芽玄米にしました

  • 農薬、化学肥料を一切使わない「あいがも農法」で生産した宮崎県産の「あいがも米」だけを使用
    原料となるお米は、あいがも農法を10〜20年以上実践してきた、宮崎県高原町、綾町、美郷町北郷区の農家グループの皆さんから直接買い付けています。
  • 発芽には元焼酎製造工場で焼酎造りに使っていた山間の豊富な湧水を使用
    特に清水を必要とされる焼酎作りにも使われる「尾鈴山系の天然水」をろ過し、水を生物の体にプラスになるエネルギーを持った水に変える「JOS PLUS POWER21」という真正SS極磁気活水装置を通した水に浸します。そしてさらに、マイナスイオン効果を与えます。
  • 乾燥時は絶対に高温に晒しません。基本は「天日乾燥」です。
    高温に晒すとお米が死んでしまいますし、成分の変化もあります。「尾鈴山系の天然水」にひたされて発芽したお米は、次に尾鈴山の清らかな空気とぽかぽかのお日さまの下、無理をせずゆっくりと「天日乾燥」されます。
    乾燥の仕上げは水分量を調節するために機械で仕上げますが、ここでも決して高温に晒すことなく、低温のやさしい温風で最適な水分含有量になるまでゆっくりと乾燥させます。こうすることによって、発芽玄米「あいがも流清」は生きたまま、お客様へ届けられるのです。水に浸しておくと、気温などの条件がうまく整えばそのまま苗になるほどの生命力です。
こうして、お米の健康を保ち、さらに風味も保つために敢えて時間、手間を惜しまず、お米の一粒一粒に愛情を込めて「あいがも流清」は作られるのです。

ページトップへ