lentin-logofca.png

top_copy002.png

うちのネコ、ホントに可愛くて仕方ない。
見ているだけでそのしぐさや表情に癒され、
いつまで見ていても飽きることはありません。

一般にネコの寿命は10~15歳くらいと言われます。その時間を飼い主さんと一緒に
過ごしますが、いつまでもずっと、家族の一員として元気でいてほしいものです。
ネコに限らず、私たちと生活を共にするコンパニオンアニマルは、一度病気になると
看病の手間、医療費は人間以上にかかり、その負担はたいへんなものです。
ですので、病気にならないよう予防をするのが人間同様に大切ですし、不幸にして
なってしまっても、少しでも早く回復させてあげたいというのは飼い主さんたち
みんなの願いです。

ネコだって
病気になります。

ネコには、腎臓病、白血病、
ネコエイズ、肥満症などを主として、
目や耳の病気、皮膚病など、
人間と同様、様々な病気があります。

ネコだって
予防が大切です。

病気を防ぐには、人間と同様、
日頃の予防が大切です。
免疫力、治癒力、回復力を高め、
病気に強い体質づくりを。

lentin_01.jpg

voice.png

人間用としての実績が基盤

prov_biobran.jpg

パウダータイプの特長と使い方

usage_p.jpg

粒タイプの特長と使い方

usage_g.jpg

徹底した品質管理

safety.jpg

動物病院やトップブリーダーも使っています

hati-dr.jpg

大切な家族の一員だから

y002.jpg

飼い主さんにぴったりと寄り添い、その一生をずっと一緒に過ごす伴侶動物たち。飼い主さんにとっては、大切な家族の一員です。でも、伴侶動物は言葉を話すことはできません。だから、伴侶動物の健康状態は、飼い主さんが気づいてあげることが大切です。もちろん、病気は予防が大事。でも、かかってしまったら養生が大事です。

(伴侶動物=人生の伴侶としての動物/コンパニオンアニマルともいう。)

国内外の数多くの機関で実証を積み重ねました

y003.jpg

コンパニオンアニマル用レンチンコップは、アメリカUCLA/Drew医科大学をはじめ、国内外の数多くの機関で基礎研究を積み重ねてきました。
安全で、安心して与えることのできる動物用補完食品です。生体防御機構を積極的にサポートし、抵抗力を養います。

ヒト用のレンチンコップの実績を基盤に開発されました

y004.jpg

レンチンコップは初めにヒト用が開発され、10年以上にわたり世界中で支持されています。
主原料は米ぬか由来の「アラビノキシラン」。基礎研究によってNK細胞に働きかけることが周知されています。
NK細胞は体内の物質に対し、自己非自己を見分け、異物を攻撃する作用を持つ細胞で、免疫機能を正常に保つには欠かせない細胞です。

動物用のレンチンコップは、パウダータイプと粒タイプの2種類

y005.jpg

パウダータイプと粒タイプ、どちらも主原料は米ぬか由来の「アラビノキシラン」です。
パウダータイプはプロポリスを除いていますので匂いも少なく、ネコちゃんにも食べやすくなっています。ビタミン群を増量し、サンゴミネラルパウダーでカルシウムバランスを調整、整腸作用・骨密度に配慮した配合となっています。体力的に弱っていたり、消化力が弱っている子には特におすすめです。手作り食にまぜたり飲み物に溶かして与えるのにも適しています。
粒タイプには、水抽出のプロポリス・ビタミン群を配合しています。健康維持として与える場合や食欲がある子の場合には、こちらがオススメです。
ただし、粒タイプはプロポリス配合のため、匂いを嫌うネコちゃんがいるかもしれません。

上手な与え方

y006.jpg

コンパニオンアニマル用レンチンコップは、補完食品ですので、薬のように耐性化することはありません。
従って、可能であれば、「与え方」の目安に沿って、最初はやや多めに与えることをおすすめします。応答が速やかであることが報告されており、効果作用についても早く実感できる傾向があります。
もちろん、少量からでも大丈夫です。但し、少量からの場合、個体差はありますが、応答に時間がかかる場合がありますのでご了承ください。
また、逆に多めに与えても全く問題はありませんが、食欲が増進するような場合は食事の摂り過ぎにならないよう、食事の量にはご注意ください。